2007年
御在所ロープウエイ安全報告書

1.利用者の皆さまへ

 日頃は御在所ロープウエイをご利用頂き厚く御礼申し上げます。
 当社では、旅客輸送に携わる事業者として法令・規定に従い、常に輸送の安全確保を最優先に事業展開しております。
 本報告書は、鉄道事業法に基づき、安全輸送にかかわる当社の取組みや経過、実態について公表するものです。
 本書により当社の安全施策について皆さまのご理解をより深め、ご意見ご要望を頂戴することができれば誠に幸甚に存じます。

御在所ロープウエイ株式会社
 取締役社長 

2.基本方針と重点目標

(1)基本方針
 当社は安全を最優先と考え「安全基本方針」を次のように掲げ社長以下従業員に周知・徹底しております。
一、安全の確保は輸送の生命である。
一、規定の遵守は安全の基礎である。
一、執務の厳正は安全の要件である。
(2)重点目標
 重点目標(平成18年〜22年)は次表のとおりです。
 平成18年度も事故はなく、引続き目標達成に向けて取組む所存です。
区  分 項  目 内  容
定量的な目標 設備等による事故 運行中及び点検時における設備の異常(ゴンドラ含む)の早期
発見をし、初期対応により乗客の死亡を伴う事故を発生させない。
人身障害事故 期間中(5年間)異常気象時及び、悪天候時における適切な対
応により発生させない。

3.事故等の発生状況とその再発防止措置

(1)索道運転事故
 平成18年度において普通索道(ロープウエイ)・特殊索道(山上リフト)共に事故は発生して
おりません。
(2)輸送障害
普通索道(ロープウエイ)
平成18年度 4〜6月 7〜9月 10〜12月 1〜3月 合計
遅延開始・早期終了 日数 12 23
全日運休 日数 19 28
悪天候時の時間運転 日数 22 15 10 16 63
特殊索道(山上リフト)
平成18年度 4〜6月 7〜9月 10〜12月 1〜3月 合計
遅延開始・早期終了 日数 26 21 20 75
全日運休 日数 13 16 29 63
※全日運休・・・強風及び工事による終日運休(定期工事17日間を含む)
 時間運転・・・毎時0分・30分の2回運転によるもの
(3)インシデント(事故の兆候)
平成18年度における国土交通省へのインシデント報告はありませんでした。

4.輸送の安全確保のための取組み

(1)重点安全施策
 当社は、5ヶ年計画を策定し、設備の更新、改修、点検整備等の安全確保策に順次取組んでいます。
○原動設備及び索条(ロープ)の更新(平成18年12月実施分)
 原動設備は昭和63年の輸送力増強に伴い全面更新しておりますが、このうち第1減速機を更
新いたしました。
 また、索条の一部(支索 中間〜山頂 下り線)をメッキ線にて交換いてしました。
○線路関係
 6号支柱・山麓出枠塗装、山麓・中間重錘アンカーボルト及び緊張滑車軸の超音波探傷検査、
山頂出枠下り線のカバーレールの修理等を実施しました。
○特殊索道(山上リフト)関係
 3ヶ年計画に基づき搬器握索機を更新するとともに索受装置の整備ならびに線路支柱の塗装を
実施いたしました。
(2)教育訓練
○社外講習
 索道設備メーカー主催の油圧装置セミナー(3泊4日)に担当者2名を派遣しました。
○社内講習
 毎年12月に制動試験を実施するほか、強風時における運転操作、各停留場搬器出発装置の取
扱い等各種社内講習を行っております。
 平成18年12月には所轄消防署から講師を招き、消火訓練を実施しました。
消火訓練
(3) 緊急時対応訓練
 毎年12月に停電や運転事故を想定した訓練を実施しております。
 救助訓練には国土交通省及び所轄消防署の協力を得て実施しました。
救助訓練
5.当社の安全管理体制
 社長をトップとする安全管理組織を構築し、次表のとおり各責任者の責務を明確にしています。
社長 輸送の安全確保に関する最終的な責任を負う。
安全統括管理者 索道事業の輸送の安全確保に関する業務を統括管理する。
技術管理者 安全統括管理者の指揮の下、索道全般の管理、索道施設の保守管理を行う。
技術管理員 技術管理者の指揮の下、索道全般の管理、索道施設の保守管理を行う。
総務部長 輸送の安全確保に必要な設備投資、人事、財務に関する業務を統括する。
営業部長 旅客及び物品運送規則に関する業務を統括する。

6.お客様からの意見と事業者としての対応

(1)お客さまの期待に応えられるようお客さまの立場に立ったサービスの提供に努めます。
(2)皆さまからお寄せいただいた声を真摯に受け止め、より信頼される索道事業者をめざし、これを役立てます。
お客さまの声を“かたち”にしています
 「要望」 夏季の山麓待合通路が暑い。
 「対策」 山麓待合通路に冷暖房を完備しました。
その他の対策
 ◎改良型ブレーキ(ドラム式)の車イスの導入
                (山麓駅 8台・山上駅 3台配備)
 ◎自動体外式除細動器(AED)の導入
                (山麓駅 1機・山上駅 1機配備)

7.ご連絡先

 安全報告書へのご感想・当社の安全への取組みに対するご意見は、下記までお寄せください。
原動第1減速機更新
支索交換作業
停電時運転(予備エンジン)訓練
予備減速機を移動