HOME
春の御在所岳
夏の御在所岳
秋の御在所岳
冬の御在所岳
御在所スキー場のご案内
キッズページ
交通アクセス
料金・営業時間
山上公園のご案内
よくある質問
お得なクーポン
おみやのご紹介
珍しい岩たち


夏の御在所といえば納涼&アカトンボ!…えっアカトンボって秋の昆虫では?…アカトンボは自ら体温調節が出来ず暑いところには居られなくなり涼しいところへ移動するのです!…御在所は平地より10℃も涼しく日中の平均気温は20℃〜21℃です。そんな別天地では、アカトンボも涼みにやってくるのです。これにより御在所など(平地よりも標高の高い山)は涼しいということになります!!
アカトンボを追いかけて
夏が来ればアカトンボはやってきます。
6月、ふもとの田んぼなどでヤゴから羽化したアカトンボが涼を求めて(?)高い山へ飛んできます。
アカトンボは、なぜ山へ上がって来るのでしょうか?
そのナゾは→こちら

1969年(昭和44年)、動植物の自然観察の企画にトンボの生態観察を始め、アカトンボのなかでもアキアカネが全体の95%を占め、その他にノシメトンボ、オニヤンマ、ミヤマアカネなど又、山の上で幼虫から生息するオオルリボシヤンマなどが発見される。そこでアキアカネは秋になると麓へ降りて行く・・・その「ふる里」は何処なのか?という疑問から調査することになる「マーキング調査は1971年(昭和46年)スタート)」。ここから『アカトンボふる里さがし』という壮大なロマンの旅路となり、コンニチに至っています。

「夕やけ、こやけのアカトンボ」と歌われているアカトンボは、日本の秋を代表する虫で、昔から親しまれているトンボとりは、子供の楽しい遊びです。
涼しい御在所岳の山上では、夏にたくさんのアカトンボが群れになって飛んできます。このアカトンボはアキアカネという種類で、やわらかい弱い体でオレンジ色に黒い模様があります。これは、6月頃に麓の田んぼなどで羽化したもので、周辺の木立で一週間ほど餌をとり体力をつくります。やがて旅立ちの体力が出来ると、アカトンボは高い山へと向かって飛んでいきます。

やわらかい、弱い体のアカトンボも気温が上がって来ると、時には上昇気流に乗って集団となり移動します。御在所岳の山上には6月下旬から見ることができます。アカトンボは小さな虫を食べて成長し、やわらかい体も次第にかたく、たくましくなり色も徐々に赤くなっていきます。

お盆過ぎ以降、朝夕の気温が下がり始めるとアカトンボも山を下り始めます。9月には山麓に姿をあらわし、秋晴れた雨上がりの田んぼなどに飛び、尾っぽの先で水面をたたいて卵を産みます。その後、霜がおりるまで生きています。産みつけられた卵はそのまま冬を越し、翌年春にはヤゴとなり、夏にトンボとなります。

しかし近年、米の収穫時期が変化しつつあります。それに伴いアカトンボも減ってきています。

アカトンボ観察会History

1969年(昭和44年)
毎年夏になると、山の上に数え切れないアカトンボが麓から避暑にやってきます。動植物の自然観察の企画にトンボの生態観察を始める。アカトンボのなかでもアキアカネが全体の95%を占め、その他にノシメトンボ、オニヤンマ、ミヤマアカネなど又、山の上で幼虫から生息するオオルリボシヤンマなどが発見される。そこでアキアカネは秋になると麓へ降りて行く・・・その「ふる里」は何処なのか?という疑問から調査することになる。

1971年(昭和46年)マーキング調査開始

トンボの生態研究家である石田昇三さん(四日市市)の協力により、アキアカネの羽にマニキュアを付けてマーキング調査が始まる。この年は約300匹にマーキングする。当時、関東の宇都宮大学の学生たちが草津温泉の白根山でのマーキング活動が報告されている。

1973年(昭和48年)
当時学生アルバイトとして三重大学農学部昆虫学の杉山章さん(前・名古屋女大)と尾本幹人さん(前・県立亀山高校)らの協力により、この年は約1000匹にマーキング。

2002年(平成14年)
年々グループ参加が多くなってくるが、今年31年目にはジャスコ・イオングループが企業として参加、愛知・岐阜・三重県下の58支店のジャビオグループ、イオンエコクラブの親子が各地域でアカトンボの「ふる里さがし」に協力、貴重な結果が得られる事が期待される。(9月15日〜10月30日)

2006年(平成18年)11月30日、日本カモシカセンターが閉園しました!

その後、「ございしょ自然学校」として復活し調査続行可能に!!!してまいりました。。。

2008年(平成20年)7月13日、マーキングの先駆者であり指導者として活躍されていた市橋甫さんが急逝!
大黒柱を失ってしまったが、その意思は皆に受け継がれていく・・・

朗報!・・・2008年8月10日、福井県敦賀市の松原海水浴場の松林で「G」マークの付いたアカトンボを発見!発見者の了解を得て、すぐさま報道発表しました。今回は世紀の大発見と言っても過言ではありません!日本海側で見付かるのは初めてのこと!さらに飛行距離(御在所からの)は約75kmと最長になった。。。
御在所ロープウエイ株式会社  〒510-1233  三重県三重郡菰野町湯の山温泉  TEL 059-392-2261  FAX 059-392-2526
会社案内  Copyright  個人情報保護方針 安全報告書  (C) GOZAISHO ROPEWAY Inc. All Rights Reserved.